ルミガン・ケアプロストの効果と注意点

まつ毛美容液として、まつ毛への増毛・育毛効果が実証されている美容医薬品のルミガン!その効果の秘密はビマトプロストといわれる有効成分の働きよるものです。ルミガンのジェネリック医薬品であるケアプロストにもこの成分が含まれているため、同様の効果が得られるというわけなんです。

元々は緑内障治療のため点眼医薬品(目薬)として使用されていましたが、ルミガンにの主成分であるビマトプロストという成分が、まつ毛の増毛および育毛に効き目があるということが明らかになって、まつ毛への増毛および育毛効果がある美容医薬品として、食品や医薬品の安全や効果などを検査するアメリカの行政機関であるFDA(アメリカ食品医薬品局)に2001年に認可されまつ毛美容液として世界中に広まりました。

ドラッグストアーなどで市販されているのまつ毛美容液と違い、医学的にその効果が認められている医薬品であるため大変高い効果が期待できます。

ルミガンの安全性については、臨床試験で確認されておりますが、 副作用として、かゆみ・ 眼の充血・目の乾き・まぶたの黒ずみ・違和感などが全体の3.8%程発生したことが報告されています。副作用はどれも重篤なものではなく、使用中止すればおさまる場合がほとんどのようですが、上記症状が出た場合は、使用を中止し、念のため医師に相談することをお奨めします。

ルミガンの使用方法は簡単で、まずメイクを落とし&洗顔をして顔の汚れをしっかり落とします。コンタクトレンズなどをつけている場合は併せて取り外しておきましょう。次にルミガン内容液を、アプリケーター(内容液をまつ毛に塗布するため使い捨てのブラシ)に一滴垂らし、まつ毛(上まぶた側)の付け根にサッと一塗するだけです。これを両方のまつ毛におこないます。
※一度に大量に塗っても効果が早まるわけではないので、用量を守って利用しましょう。
※液体が眼の中に入らないように注意しましょう。

また、アプリケーターの代わりに綿棒を代用する方もいるようです。綿棒の方が、塗布するとき内容液が垂れにくくて使いやすいとの声もありますが、綿棒では内容液を吸ってしまうためできればアプリケーターを使ったほうが良いかと思います。また、衛生上の観点からも、アプリケーターや綿棒は、片目それぞれ新しいものを使用するようにしましょう。

 

使用に関する注意点

  • 塗る前に顔のメイクやあぶら汚れをしっかり落とす。
  • 塗るのは一日一回。(日に何度も使用しても効果は同じです。)
  • 塗り過ぎない。(大量に塗布しても効果は変わりません。)
  • 眼に浸みこみやすいので、下まつ毛には塗布しない。
  • 冷暗所(または冷蔵庫)で保管。
  • 乾くまでは眼やまぶたには触れない。