フルーツ盛

美容というと、化粧品やエステなど肌の外部からの働きかけで美しくなる方法を考えがちですが、普段摂っている食事も美容につながっていると言えます。特に美肌作りに欠かせないのは、ビタミンCを多く含む食材です。

ビタミンCの主な働きとしては、免疫力を高めることや、抗酸化作用などが知られています。免疫力に関して言えば、体全体を風邪のウィルスなどから守ってくれる免疫力だけでなく、お肌の免疫力という視点からもビタミンCは重要な役割を担っています。肌の免疫力が下がると、外部の細菌が毛穴に侵入し易くなり、ニキビや吹き出物の原因になってしまいます。免疫力を高めることは結果として、美肌を保つことにつながります。また、ビタミンCの持つ抗酸化作用は、細胞の劣化、つまり肌の老化を遅らせるといわれています。

加えて、その抗酸化力には、紫外線により作られる毒素の「活性酸素」を取り除いたり、メラニン色素によってできてしまったシミやそばかすを薄くしたりする効果もあります。

そして、ビタミンCの美肌への作用として外せないのが、コラーゲン生成の補助作用です。コラーゲンは肌の張りや弾力を作るのに必要不可欠な要素として有名ですが、コラーゲンだけを多く摂取しても、効率良く吸収されず、あまり効果は期待できません。このコラーゲンの吸収を助け、その生成をサポートするのがビタミンCです。コラーゲンはビタミンCと一緒に摂ることによって初めて、若々しく潤いのある肌を作るために効率良く働いてくれるのです。

それでは、ビタミンCを多く含む食品にはどんなものがあるでしょうか。一般的には、柑橘類などのフルーツが思い浮かびますが、柑橘類はその皮にビタミンCの多くが含まれるので、食べる部分は特に多いというわけではありません。それよりもビタミンCが豊富なのは、野菜ではパプリカ、ピーマン、ゴーヤ、ブロッコリーなどです。果物ではアセロラが非常に多くのビタミンCを含んでおり、イチゴや柿にも多く含まれています。

食材から、より多くのビタミンCを摂るなら調理法に少し注意が必要です。ビタミンCは水に流れ出やすく、過熱により破壊されてしまいます。せっかく食べるなら、できるだけ過熱時間を短くしたり、生で食べたりすることをお勧めします。過熱する場合はスープにするなどして、流れ出たビタミンCもスープごと飲めるように工夫すると良いですよ。

ビタミンCは美しい肌を作ることはもちろん、健康な体を維持するためにも大切な栄養素です。普段の食生活にビタミンCをたくさん摂り入れて、健康的で美しいお肌を作りたいですね。

 

 

ビタミンCは、さまざまな美容・健康にたいする効能がある栄養素!

免疫力強化や抗酸化作用、抗がん作用、解毒作用、美白効果など、うれしい効果満載です。また他の栄養分と一緒に取ることで相乗作用が高まる場合も多いため、まさに基本の栄養素といえるでしょう!

ビタミンCが不足すると、免疫力が低下したり、疲れやすくなったり、シミソバカスができやすくなったり、動脈硬化のリスクも高まります。そのため、しっかり毎日必要な量を摂取するように心がけましょう。
過度なストレスを受けた場合や喫煙をした場合ビタミンCは消耗しやすいので、ストレスが多い人や、喫煙習慣がある人は、積極的な摂取が必要です。

 

ビタミンCを摂取するときの注意点

ビタミンCは、摂取してから体外に排出されるまでの時間が非常に短いため(摂取してから数時間で排出されます)、一度に大量にとるのではなく、定期的に時間を置いてとる方が効果的です。

ビタミンCには、還元型ビタミンCと酸化型ビタミンCがあります。菜やくだものに含まれているものの多くは還元型ビタミンCでミキサーなどにかけると酸化型ビタミンCとなりますが、どちらも効果に違いはありませんのであまり意識する必要はないでしょう。

 

ビタミンCはこんな人におススメ!

  • ストレスが多い
  • 喫煙している
  • 疲れやすい
  • シミが気になる

ビオチンは、ビタミンB群の一種で皮膚や髪の毛の健康に重要な役割を果たす栄養素です。
ビオチンが不足すると髪の毛が抜けてしまったり、白髪になってしまったり、肌荒れしたりと美容面においても必要不可欠な栄養素といえるでしょう!
髪の毛や皮膚の健康を保つためには、併せてビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシンなどと一緒に摂るとより効果的です。

近年の研究では、ビオチンが不足すると「脂漏性湿疹」や「糖尿病」に引き起こすひとつの要因と考えられたり、「アトピー性皮膚炎」に対して改善に効果があるのではと報告されています。

ビオチンは、レバー類に多く含まれており、そのほかにも卵黄、豆類、トマト、ニンジンなどにも比較的多く含まれています。食品で摂取しきれない場合は、サプリメントで補うようにすると良いでしょう!
※一日の摂取目安:0.05㎎

 

ビオチンはこんな人におススメ

  • 抗生物質を服用している
  • 白髪が気になる
  • 肌が荒れている
  • 抜け毛が気になる