スキンケアは女性なら誰しもしているケアです。あなたのスキンケアを選ぶポイントは何ですか?
ブランド、パッケージ、値段、美容成分、そして「美白」などの効果宣伝、きっとそれぞれ違うでしょう。
では、スキンケアを選ぶポイントをしっかりと把握しておると美容法に迷わなくてすむでしょう。

スキンケアを選ぶポイント

 

1、お肌に優しい成分を選ぶこと。

ここで知っていただきたいことがあります。それは、肌自体は吸収作用がないことです。
バスクリンのお風呂に入っても皮膚の色が変わることはありませんし、醤油が手にかかっても皮膚の色が変わることはないです。それは、肌が吸収しないからです。では、何をつけても一緒かと言うとそうではありません。肌の角層と言われる表面の部分には浸透するので、お肌に合うものをつけることをオススメします。できればアルコールフリー、香料フリー、無鉱物油フリーのものがオススメです。

 

2、過保護でも放任でも老化する。

よいお化粧品を使うとお肌が潤うと思う人もいますが、1で述べたように吸収はないので、高ければ良いというものでもありません。また、超高級保湿クリームを使う方もいますが、肌には自ら潤いを作り出そうとする力があります。高級保湿クリームをつけることで、その力を低下させると言われます。なぜなら、潤いが表面にあるので、肌が自分で潤いを出さなくと良いんだと怠けてしまうからです。
逆に放任しすぎもよくありません。自ら潤いをだす力は年齢や環境とともに少なくなっていくため、適度な保湿は大事です。

 

3、お肌に大事なことを知ること。

肌に大事なことは「水分」「清潔」「血行」です。
水分は潤い力なので、保湿の化粧水、乳液が必要です。また、洗顔フォームも潤いを残したまま汚れを落とすタイプのものが理想的です。清潔は、汚れをだす力ですので、洗顔フォームやクレンジングです。洗顔フォームは先ほど述べましたが、クレンジングは多くの人がオイルタイプを使いますが、乾燥肌や敏感肌の人にはオイルタイプは乾燥に傾きやすいので、できればクリームタイプがオススメです。
血行はマッサージです。まれにマッサージして血行力を補うお化粧品もあるといいますが、肌自体は中から外へ活性していくものです。外から入れ込んで鍛えることは本来の皮膚生理機能には反しているといえます。

以上、スキンケアを選ぶポイントを3つ書き出してみました。
何より知識を持つことが、お化粧品で迷わない秘訣に繋がるかもしれませんね。

 

 

笑顔の女性

顔のスキンケアはとても大切です。スキンケアをしっかりしていないとお肌の調子も良くなかったり、化粧ノリも違ってきます。まずはきちんとしたスキンケアから身につけることが大事です。
いくら高いスキンケア用品を使っていても、その使い方を間違っていては意味がありません。またそれが、自分に合っているのか、また合っていないものを使い続けるとお肌の回復どころか調子も悪くなってしまう場合もあります。

まずは自分の肌質を知ることが大事です。そんな事を言っても分からないという方もいますが、一つ一つ見ていけばある程度分かってきます。アレルギー体質かどうか。また脂性なのか乾燥肌なのか敏感肌なのか、吹き出物が出来やすいのか。また自分の肌をどうしていきたいのか。それによってもスキンケア用品を選ぶには重要になってきます。

美白になりたいのか。潤いが欲しいのか。吹き出物がない肌にしたいのか。シワやくすみが無くなるようにしたいのか。色々あります。数あるスキンケア用品の中から選ぶのは大変ですが、何を求めているか自分に問い掛けまずはそこを知るところからです。見つけたら、敏感な方は合う合わないのパッチテストをするなどしてみた方がいいです。

正しい洗顔方法がまず重要になってきます。洗顔とはいかに決め細やかな泡で洗うかが大切になってきます。泡で包み込むように洗うことで、肌をいたわりながら、尚且つ汚れも落とせます。ただいい加減に泡立て、手の平でごしごし洗ったのでは、汚れもおろか、肌まで痛めてしまいよくありません。
この決め細やかな泡で洗い上げ、お湯ではなく水で、手の平でごしごしするのではなく、水をパシャパシャと水で良く洗い流すことが大事です。そして化粧水と乳液をつけていきますが、化粧水は冷蔵庫で冷やしてあるものを使うと、毛穴がキュっとなるので、冷やしてあった方がおすすめです。そのあとに乳液で水分を肌の中に溜め込むように保湿します。

このスキンケアで大切なのは洗顔です。きちんとした洗顔が出来ていれば、吹き出物やくすみの原因が無くなります。あときちんとした保湿もできれば、シワの予防にも繋がります。

 

 

 

スキンケア

私は、スキンケアをとても大事にしています。
私は現在ルームシェアをしていて、美容関係の仕事をしている友達と一緒に暮らしています。
私はスキンケアを毎日入念にしていたつもりなのですが、友達から間違っていると指摘がありました。

洗顔するときにネットで泡立ててやさしく洗い流していました。しかしそれだけではあぶらは洗い流せても、毛穴の黒ずみまでは洗い流せていないということを教えてもらいました。
泡立てて優しくなでるようになじませていくまではあっていますが、しばらくそのままの状態で2分くらい置いておくそうです。

すると、ぱちぱちと泡がはじくような音が聞こえてきて、これが汚れを取ってくれている証拠なのです。
洗顔をした後にも、化粧水、美容液、乳液をつけるように心がけていますが、ここでもポイントがあります。
化粧水は、しっかりとコットンにつけて叩くように肌になじませていきます。あまり叩きすぎると刺激になるので優しくたたきながらだと、毛穴の奥まで化粧水がしみこみます。

なぜ手ではなくコットンのほうがいいかというと、手になじませてしまってからでは、手に化粧水が吸収されてしまうのでコットンのほうがいいといわれます。

次に、美容液です。化粧水とは違って少ししっとりしているので、コットンで塗るようになじませていきます。この時に化粧水がべったりついたままだと一緒になってしまいますので、化粧水をしてから少し時間をおいて、それから美容液を塗ることがお勧めです。

美容液も数分でなじみ、しっとりしてくる頃に、乳液の出番です。
乳液には、化粧水、美容液を閉じ込め、次の日の洗顔までしっとりさせる効果があります。
また、顔の透明感や美白を保つことができ、化粧水や美容液を怠ってしまっても、乳液だけは必ず毎日する必要があると思います。

このように毎日のスキンケアは女性にとって欠かせないものです。できれば朝の忙しい時間でも、化粧水、美容液まではしっかりしないといけないと思います。
いつまでも若々しい20代の肌をキープできるように心がけています。