まつ毛の美容と言えば

ぱっちり

まつ毛の美容と言えば基本的には洗顔は泡で優しく、拭くときのこすらずに軽く押さえる。という事に注意しています。

これは皮膚にも良いと言う事で日々実践しています。それと同時にどんなに目が痒くても眼を掻かないようにしています。刺激をなるべく少なくするよう心がけて生活しています。

上記は今、あるものを大切にと言う観点で実践していますがそれでは増える事は無いのでそれをベースにまつ毛育毛に効果的といわれるルミガンを使用しました。

ルミガンは緑内障治療の点眼薬ですが、実際、緑内障で点眼してる人を見るとまつ毛が明らかに濃くワサワサしている。と、言ったかんじでした。

それを目の当たりにしていたので効果は必ず出るだろうと使う前から確信していました。ただ、心配だったのは
皮膚への色素沈着でした。確かに緑内障で使用している方も上まぶた下まぶたの縁は明らかに黒ずんでいました。

実際使用するときにも色素沈着についてはかなり強く言われました。ただ、まつ毛の美容、育毛としては点眼するわけでは無いのでそんなに言われるほどの心配はしていませんでした。

私の場合は、始めは普通に綿棒にルミガンの液を吸わせて眼の縁まつ毛が生えている部分に塗っていましたが
明らかに皮膚に付くよりも綿棒に残る方が多くもったいないので途中からベビー綿棒に吸わせてまつ毛の部分に塗るようにしました。ベビー綿棒の方が皮膚に付く部分をも少なくて済むので色素沈着を防ぐ目的でも効率的だと思います。

塗るタイミングはお風呂上がりのすっぴんに1日1回ですが続けました。ベビー綿棒とは言え吸わせてしまうのは
もったい無いとも思いましたがそれ以外の方法は今も見つかっていません。

効果としては1ヶ月もしないで明らかにまつ毛が濃くなりました。量も増えた気がしました。心配していた色素沈着は気になりません。ルミガン各1本使い切るのに1ヶ月以上かかるのでコスト的にも申し分ないと思もいます。