まつ毛美容液の市販品と医薬品の違い

市販品と医薬品の違い

市販のまつげ美容液と医薬品であるルミガンやケアプロストなどのまつ毛美容液との大きな違いは、効果の有無が明確に判断できるかどうかによるところが大きいと思います。

市販のまつ毛美容液は、まつ毛の美容に関し効果の期待できるとしているものであり、明確な効果については、明示されず、あくまでも期待できるであろうものです。
反対に、ルミガンやケアプロストなど医薬品に分類されるまつ毛美容液は、臨床試験などによりその効果効能が明確に認められたものとなります。

市販のまつ毛美容液は、言ってみればサプリメントや健康食品と同じようなものであるといえます。サプリメントや健康食品は、臨床試験など行い効果や効能を承認されなくてもサプリメントや健康食品として販売できますが、その反面、期待される効果について明確に謳ってしまえば薬事法に抵触してしまいます。

一方、ルミガンなどの医薬品は、厳しい臨床試験などを行い実際に効果が明確に認められたものとなります。しかしながら医薬品の場合は、その効果の大きさゆえ、基本的には、購入に際しては医師の処方箋が必要となるという特徴があります。

ただし、海外医薬品通販(個人輸入)に限っては、個人の利用に限り医師の処方箋を無くても購入する事が出来ます。医薬品の使用に関しては、自己責任となりますが、値段も安く手軽に購入できることから、多くの女性が利用し人気となっています。

また価格については、市販品については、さまざまな商品が販売されており値段もピンからキリまであり、医薬品との違いは一概には言えません。医薬品よりも安いものあれば高いものもあるでしょう。市販品の値段は、使用成分や広告料(ブランディング)などによって販売メーカーがそれぞれで決定しているため、高ければ効果があるか!?といえばそういうわけではないようです。

市販品と医薬品それぞれの特徴を理解したうえで、自分に合ったものを選ぶのが良いと思いますが、やはり効果・効能という面で考えた場合、医学的に効果が証明されている医薬成分配合のまつ毛美容液を使用する方が間違いないでしょう!

まつ毛美容液違い